バージョンアップ(更新パック)

システム等のバージョンアップはあるのでしょうか?

A.保険代理店専用ホームページ作成支援Webサイト「やさしくプラスワン」作成のホームページは、Word Pressおよびそのプラグインを使用して作成しています。
これらのソフトウェアは自動的にバージョンアップいたしません。不具合が発生した場合は有償となります。Word Pressとプラグインのバージョンアップをするのが更新パックです。(2021年6月より必須とさせていただきます。)

自動更新機能を使うと互換性を無視してアップデートしてしまうのでお問合せフォームが動作しなくなるなど、
動作や見た目が崩れてしまうなどの影響が出る可能性がございます。

そのため弊社では必ず事前にバックアップをとり、手動で Word Pressおよびそのプラグイン のアップデートを行い、
動作検証を行うようにいたします。

更新パック(年間5,000円(税込み価格5,500円)2021年4月改訂

1)更新パックの内容

1年に2回、お客様のホームページのバックアップをいたします。基本的には公開または申込時と公開または申込時から半年後の2回行います。ご自身の更新作業中に誤った操作でホームページの構成が崩れてもバックアップを取っておけば安心です。

2)使用しているソフトのアップデートの必要性

後述「別紙」をお読み下さい。

「別紙」

保険代理店専用ホームページ作成支援Webサイト「やさしくプラスワン」作成のホームページは、Word Pressおよびそのプラグインを使用して作成しています。

◆Word Press

ホームページやブログ、アプリケーションソフトを作るためのオープンソースソフトウェアです。
オープンソースのため多くの技術者がさらなる開発に協力をしてバージョンアップをしています。

◆プラグイン

プラグインはWord Pressの機能を拡張するための追加のプログラムです。
画像がスライドしたり、セキュリティーを高めるためのプラグインソフトとなります。

◆アップデート​も含まれています

Word Pressのバージョンアップに合わせてプラグインもアップデートしていかないと、
互換性が保てなくなり動かなくなることがあります。
互換性が保てなくなりますとお問合せフォームが動かない、スライドが動かいなど色々な支障が出てまいります。

重要な問題として長期間アップデートしないと、セキュリティの問題があります。
Windowsも定期的にアップデートを行う必要があるように、ブラウザはもちろん、ワードプレスやプラグインもアップデートが必要です。
 
◆アップデート​とバックアップをセットに
Word Pressのバージョンアップおよびプラグインのバージョンアップについてはバックアップとともに行う事が強く推奨されます。
​このため必ずセットで行う必要がございます。
またただアップデートしたらそれだけで良いということでなく、動作検証が必用です。
 
◆アップデート​やバックアップ時のエラーに気が付くよう手動対応
また自動バックアップはエラーのまま終わった際に気が付きませんので、弊社では
手動にて確認作業までしております。
お問合せフォームの動作検証においては代理店様にもご協力いただく必要がございます。
お客様からの大切な窓口ですので責任をもって管理していくよう、双方で確認してまいります。
 
​ ◆データベースの破損やサイトの破損時の復元にも対応
​また更新パックではそれらのアップデート作業中にエラーがおきた場合や、
お客様のなんらかの作業に起因するサイトのデータの破損においても、
最終バックアップデータを元に復元するところまでが料金に含まれておりますので
ご安心してご利用いただけます。
ただし、バックアップデータ自体が破損していた場合は、そのもう一つ前のバックアップデータまで戻させていただきます。
これらのバックアップデータがあれば、万が一サーバーがダウンしてしまい長期間使えない、
もしくは乗っ取られてしまった場合なども、可能な限り復旧作業を行う事が可能となります。
 

その他

・プラグインの新しいバージョンの提供の終了
・Word Pressとプラグインの互換性が無くなる
様々な要因で提供時のプラグインが使えなくなることがございます。
このような時は同じような機能が期待できるプラグインに変更させて頂く事がございます。
その時の状況や時代に沿った対応を模索し提示出来るよう努力いたします。

※「悪意をもったハッカーなどにより改ざんがされた場合など、早急にサイトの非公開処置を行います。
その場合安全を考えて全てのパスワードを変更ののち、サイトを新たに作成いたします。
この料金に関しましては「製作費」のみ実費で改めて頂くようになりますことご了承ください

2022/03/16 内容一部追記 清水

次の記事

開設期間